ワークショップ 「竹音製作所」

LIVING ARTのテーマソングを作ってくださった、ヴァイオリニストのSAYAKAさん。
2018年もワークショップ「竹音製作所」の講師としても参加してくださいます。


△リビングアート テーマソング♪

 

2017年のワークショップ「SAYAKAのリズム製作所」では、パーカッションのリズムに合わせて参加者のみなさんと竹の打楽器を演奏しました。思わず体がリズムに合わせて動き出す、そんな楽しいひと時でしたね。

rhythm_2017

2018年の「竹音製作所」では、楽器にする為の竹を森に取りに行くところから始まります。見慣れた里山の風景を作っている竹林が楽器になってしまう!?そしてその楽器をみんなで演奏すれば、LIVING ARTの会場中に楽しいリズムが鳴り響く。そんな、森と人と音がコラボレーションする冒険。

rhythm_2017-2

「どんなモノでも叩いたら楽器になる!世界中でたくさんの人があたらしい楽器を作ってきました。今回は竹にとある工夫をして音を出します。色もぬって自分だけのオリジナル楽器を作りたいです。たたいて、こすって、歌っておどって。自由にゆれる楽しい時間を一緒に過ごしましょう!」

と、講師のSAYAKA先生は何やら新しい工夫を考えていらっしゃるみたいです。当日をお楽しみに!!

ワークショップ概要

日 程 8月26日(日) 10:00〜13:00
会 場 福沢地区コミュニティセンター
定 員 30名(年齢制限なし)
参加費 200円
参加申し込みはコチラから!!

講師紹介

SAYAKA先生(ヴァイオリニスト)
父はクラシックの作曲家、母はピアノ教師という音楽一家に生まれヴァイオリンを始め、桐朋学園大学入学。その後キューバに1年間留学し、アメリカやヨーロッパにて演奏活動をする。’04年にはYanni世界ツアーにソリストとして参加、NYラジオシティーホールをはじめ世界約50カ所でのコンサートに出演。’09年操上和美監督映画「ゼラチンシルバーLOVE」(宮沢りえ他)にヴァイオリニスト役で出演。’09年夏にCD「PalmaHabanera」メジャーデビュー。同年12月、日本キューバ外交樹立80周年記念コンサート出演のために政府より招待を受けキューバ公演を果たす。’13年バチカン国際音楽祭、ローマ法王の名のもとによるミサにイルミナートフィルのメンバーとして出演。’15年にキューバにて録音した通算6枚目のアルバムを発売。

SAYAKAさんの公式ウェブサイトはコチラ!!

sayaka2017